菱川師宣とは

 

菱川師宣は浮世絵の創始者として知られています。

 

千葉県安房郡鋸南町で1630年ごろ、誕生。父は刺繍アーティストで、小さいときから絵が得意で、刺繍の下絵を描くかたわら、独学で絵を描いていました。

 

その後、師宣は船で江戸(現在の東京)に出て、挿絵を入れた本を出版し、庶民の人気を博しました。さらに、木版画を創始、これが浮世絵の始まりとなりました。

 

それまで、本にはほとんど絵が入っていませんでしたが、菱川師宣が挿絵のたくさん入ったガイドブックを作ることによって、たくさんの人が本を楽しんで読めるようになりました。

 

結果的に、江戸は一気に、情報化社会になっていきました。

 

師宣は常に江戸の庶民の生活を描くことを心掛けました。特に、歌舞伎や吉原遊里の風俗をこまやかに描きました。師宣は女性の美しさも追求しました。最も有名な絵画は「見返り美人図」であり、これは女性が振り返っているところを描写しています。

 

師宣は1694年に江戸で亡くなりました。浮世絵は菱川師宣から始まり、その1世紀後、黄金期を迎えます。

 

現在、鋸南町には、菱川師宣記念館があり、「見返り美人」の複製、版画の他、彼が制作した歌舞伎や遊郭のガイドブックを展示しています。また、歌川広重、豊国、国芳、芳年などの浮世絵師の作品も多く展示しています。浮世絵の歴史と日本の江戸の庶民風俗を知ることができます。

 

 

菱川師宣の美人画

 

菱川師宣は美人画を追求しました。一番有名な絵画は、「見返り美人図」です。女性がただ振り返っている図で、女性らしいやわらかな仕草が表現されています。また、この女性の着物は当時の流行のファッションであり、この絵画からも江戸の文化を知ることができます。

 

また、「秋草美人図」は江戸時代の遊女を描いた作品で、一見の価値があります。萩の描かれた屏風を背に、読書をする二人の遊女と遊女の身辺の世話をする少女を描いています。

 

江戸時代、幕府によって公認された、吉原と呼ばれる遊郭がありました。それは単なる性産業の場所ではなく、流行と文化の発信地でもありました。そこで男性たちはたくさんのお金を使い、遊女たちは美しい着物を着ていました。 美しく着飾った遊女たちと、恋のかけひきを楽しみました。

 

トップクラスの遊女は、当時のアイドルでもありました。師宣は、吉原の女性とファッションを描くことを得意とし、江戸の文化を愛しました。