第33回 きょなん町白キス沖釣り大会を、開催しました

2019年6月9日、第33回きょなん白キス沖釣り大会を開催し、221人にエントリーいただきました。

 

この白キス沖釣り大会、鋸南町が誇る一大イベント。午前6時半に釣り船に乗り、元名沖から勝山沖で釣り、釣ったキスの中から5匹を選んで、その重量を競い合います。

 

今年、一般の部で優勝されたのは、東京都江戸川区の望月栄一さん。レディース部門は、東京都大田区の菊田直美さん、ジュニア部門は東京都大田区の直井葵平くんでした。

 

同大会では、25センチ以上の魚を釣った人を対象に「大物賞」を設けておりますが、今年は残念ながら規定に届いた人はいなく、24.8センチのキスが最大でした。

 

景品として、旬のビワや黄金アジの開き、見返り美人のお酒、クラフトビールなど、地元の特産品が配られました。そのほか、千葉県のアミューズメント施設への無料入場券も配布されました。

 

そもそもキスはてんぷらにしても、刺身にしてもおいしい魚。白キス釣りのイベントは南房総エリアでは、ここ鋸南町でしか行われておらず、リピーターの多い人気の大会として知られています。

 

同大会は、来年も行われる予定です。

 

一般部門=優勝・望月栄一さん(東京都江戸川区)、準優勝・関一男さん(東京都葛飾区)、3位・並木良雄さん(東京都世田谷区)

レディース部門=優勝・菊田直美さん(東京都大田区)、準優勝・地曳友規子さん(中央区)、3位・矢田裕子さん(市川市)

ジュニア部門=優勝・直井葵平くん(東京都大田区)、準優勝・中村若菜さん(中央区)、3位・福田春斗くん(世田谷区)